今月のおすすめ絵本

 Copyright(c)2001 BABA KINDERGARTEN All right reserved   






   たんぽぽ組

    くれよんのくろくん


作・絵:なかや みわ
出版社:童心社


 くれよんたちは真っ白い画用紙をみつけて大喜び。

チョウ・お花・木・お家などなど、つぎつぎと描いていきます。

ところが、くれよんの「くろくん」だけは仲間に入れてもらえません。

そのうち怒ったくろくんは、みんなが描いた絵の上を

真っ黒に塗ってしまいます。

そこにシャーペンさんが現れて・・・

幼稚園でも使っている身近な文具、くれよんが主役の絵本です。

雪の降る寒い冬は、室内で過ごすことも

増えていますが、たんぽぽ組さんはくれよんでの活動が大好きです。

どんなお友だちでも輝けることや、大切な存在なのだと

感じられる素敵な作品です。

ぜひ一度、読んで頂きたい絵本です。
















   ばら組

 
   おもち!


文:石津ちひろ 絵:村上康成
出版社:小峰書店



おもちつきの絵本です。

ぺったん ぺったん ぺたぺったん。

むにゅ~ん むにゅ~ん ねばねばり~ん!

ついたお餅がうさぎの形になりました!

次は何に変身するかな?と、次々お餅をついていくと・・・?

色々な形に変身するお餅を見て、ばら組さんは「全部たべた~い!」と

大喜びでした。 つきたてのお餅が食べたくなる1冊です!












   すみれ組


    『おおさむこさむ』


文・絵:こいでやすこ
出版社:福音館書店



 きつねのきっこといたちのちいとにいは、おおばあちゃんに

マントを作ってもらいました。おおばあちゃんは、こんな寒い日に

出掛けると怖い“ゆきぼうず”に 会うかもしれないよと話しましたが

きっこ達は、大丈夫!と言って、雪の中新しいマントを着て

そりあそびに出掛けます。
 
そこで出会ったおおさむとこさむという雪だるま達。

彼らと一緒にそり遊びを楽しみますが、だんだんとおおさむこさむの様子が

変になってきます。もしかしたらおおばあちゃんが言っていた

怖い“ゆきぼうず”ではないかときっこは疑いますが・・・

さぁ、きっこ達はどうなるのでしょうか?

お話の初めは楽しいそり遊びの様子が絵を通して伝わってきますが

だんだんお話がすすんでいくと雰囲気も変わり

ハラハラ・ドキドキの展開が待っています!!

すみれ組の子どもたちも、「どうなるの?」と息をのんで

お話の世界に入っていました。

寒い冬、雪の降る日に読んでみたくなる一冊です!!















   ゆり組


   『おかしなゆき ふしぎなこおり


文・写真:片平 孝
出版社:ポプラ社

 


 今年の金沢では、約6年ぶりの大雪で、屋根や木に積もった雪を見る

機会がたくさんありました。大人たちにとっては、少し厄介な雪ですが

子ども達は雪の中、元気に走り回っていました。

この絵本には、雪や氷のきれいな写真が載っています。

屋根にたくさんの雪がつもり強い風がふいて

雪がばけもののようにみえたり、気温で雪のかたちが変わったりなど

自然の不思議がたくさん詰まっている絵本です。

また、動物のあしあとにも、動物の特徴が隠れていて、とても面白いです。

おかしなゆき、ふしぎなこおりの世界

子どもも大人も楽しめる1冊だと思います。

ぜひ、この季節に読んでみてくださいね。