今月のおすすめ絵本

 Copyright(c)2001 BABA KINDERGARTEN All right reserved   






   たんぽぽ組

    オバケ!ホント?


作:岡田 善敬
出版社:福音館


幼稚園のいろんなところに白い布がかかったオバケが出てきます。

たんぽぽ組の子どもたちは「キャー!!」 「オバケー!!」と大騒ぎ。

よくよくみてみると、壁時計やピアノだったりするのですが

オバケかな?と予想をしながら読み進むので、子どもたちはドキドキします。

白黒のオバケのページとカラーのページが交互に展開されていていくので

視覚的にも楽しめる一冊です。

一度読んでからというものこの絵本がお気に入りとなり

持ち歩いてはお友だちと「キャー」「おもしろーい!」と楽しそうに

読んでいる姿を目にします。

ぜひご家庭でも一緒に楽しんでいただけたらと思います。








画像なし







   ばら組

 
   つみつみでんしゃ


作:薫くみこ 絵:かとうようこ
出版社:ひさかたチャイルド




森の鉄道「つみつみでんしゃ」は、おいしいものを

見つけるたびに止まります。

「お急ぎのところ申し訳ありません。柿ひろい、停車いたします」

お客さんは、せっせと柿もぎ競争。

リュックいっぱいに積んだらまた出発進行~!!

次はどこへ行くのかな?

ばら組さんも、わくわくしながら見ていました。

秋の季節にピッタリの絵本です!!










   すみれ組


    『おちばのプール』


文:西沢杏子
絵:山口まさよし
出版社:子ども未来社


もうすぐ冬ごもりです。

くまの「のんきー」は、どんぐりや山ぶどう、きのこなど

美味しいものをたくさん食べました。

でも、なんだか胸がすうすうします。

お腹はいっぱいになったけれど、ひとりぼっちで

寂しい気持ちになっていたのです。

そこで、お友だちのことを思い出したのんきーは楽しいことを考えます。

落ち葉のプールをつくってみんなで遊ぶことにしました。

あたたかいタッチの絵が特徴的な、今の時期にぴったりの絵本です。
















   ゆり組


   『わらしべちょうじゃ』


文:奈街三郎 
絵:清水耕蔵
出版社:チャイルド社

 


むかし、あるところにびんぼうだけれど

とてもこころのやさしいわかものがいました。

わかものが一本のわらしべを元手に、いろんなものと交換していき

ついには田畑と屋敷をもつ「長者」になるというお話です。

わらしべが次々に変わっていく不思議さが面白いお話です。

ゆり組の子どもたちは、今、いろいろな昔話を読んでいます。

子どもたちのお気に入りの一冊なので、ぜひ読んでみてください。