ご入園・ご進級おめでとうございます。2017年度が始まりました。
昨年度より、学校法人立の認定こども園(幼稚園型)となり、随事業として認可外保育施設馬場こども園を設置しています。
 今、新しい時代に必要な資質・能力の育成のために、教育・保育の質を高めることが求められています。
 そのために私たちは、キリスト教保育の理念を踏まえ、子どもたちの心が豊かに育つことを願い、『愛し合う経験』『感謝の気持ちを持つ経験』『自分のこと、他の人のことを神様にお話しする経験(お祈りする経験)』『目に見えないものに目を注ぐ経験』『チャレンジする経験』『礼拝が好きであるという経験』などを大切にしていきたいと思います。そして、子どもたちの存在がまず大切にされ、保護者と保育者と地域社会とがつながり、キリスト教保育がより豊かに継承することを願っていきたいと思います。
  
    今年度の年間主題 愛されて育つ 
    主題聖句 「あなたがたは神に愛されている子どもです」 
                         エフェソの信徒への手紙 5章1節
 
 子どもは親や保育者のあたたかな養護をうけることによって信頼感が芽生え、安定します。キリスト教保育は神に愛されている自分を知り、神の愛に応答して生きるものになると共に、他者もまた、神様に愛される存在であることに気づき、よき隣人として生活できるようになることです。私たちの保育の業は、目に見えるもの、すぐに答えのでるもの、個人の成功や勝ち負けの結果を追い求めるものでもありません。  
 子どもたちとともに『自分だけ』から『友達と一緒』と祈り、日々の保育の中で神さまが与えてくださった命と賜物を守り育てていきたいと思います。









TOP→ 

メール はこちらから→
園長のつぶやきブログ版 はこちらから→