みんなちがって みんないい




 

 猛暑の終わりが来るかと、不安な思いで過ごしていた今年の夏も、朝夕の涼しさに、ゆっくり秋に移動していることを感じます。

夏休みの間に旅行したり、自然に出会ったり、いろいろな経験をされたことと思います。私も4月に福島のいわき市に転居した、長女一家に会いに出かけました。

長女の夫が馬の保養所の所長として赴任したので、2年契約で福島県いわき市に、家族で転居しました。家は奥卯辰山のような、豊かな自然の中にありました。家の近くにカブトムシ、クワガタ、トンボ、ちようちょ、へび、キツネ、イノシシ等々が普通にいるという環境に、森の幼稚園教育に燃えている園長としては、なんともうらやましく、「いいなぁ、いいなぁ」を連発していました。娘が子どもを幼稚園に送る道に、時々マムシがいるので、子どもと同じ干支なので踏まないように、避けて車を運転しているという話には驚いてしまいました。

馬の保養所ですから、馬にとって申し分のない環境なのは当然ですが、馬のプールは温泉です。でも馬のおかげで人間もご利益をいただき、娘の家のお風呂も温泉なのです。孫たちがテラスでプール遊びを楽んでいましたが、プールの中も温泉なので、露天風呂に入っているようでした。

 いわき市の子どもに肥満児が多いと聞き、やはり原発の影響で外に出ないのかとおもいきや、いわき市の人たちは、なぜか外食が好きだということです。お店が異常に多く、お客があふれていました。子どもたちが外で遊ばず、お出かけも車で送り迎えし、外食でたっぷり食べていることをイメージすると、肥満もあるようだと納得してしまいました。

馬場幼稚園の子どもたちも、こんな豊かな自然の中で遊べたらいいなぁと、子どもたちの笑顔や歓声を思い出しながら過ごしました。

一緒に出掛けた電車好きの孫は、せっかくつかまえてくれたカブトムシもクワガタにも関心がなく、私のほうが「全部持って帰りたい」と思いましたが、いわき市から金沢まで、6時間の移動は相当過酷で、人間の移動だけで精一杯と諦め、すべて逃がしてあげました。

 幼稚園が始まりました。秋の幼稚園の活動はもりだくさん、運動会、遠足、収穫感謝祭、クリスマスに向かっての準備、一学期の間に自分の居場所を見つけた子どもたちが、最も充実した時を過ごす時期です。

 幼稚園では運動会に向けて、毎日が運動会ごっこです。運動会の練習を頑張ることは大事ですが、私たちは決して”訓練”に終わらないように心がけています。練習のプロセスを大事に、子どもにとって楽しいもの、面白いものと感じられるようになって欲しいと願っております。

 運動会で思いだすのがA君です。

 新しいことに緊張しがちなA君は予想通り、かけっこは担当の先生にだっこされて走りましたが、その後のダンスや体操は、みんなと一緒に少しだけしました。お母さんはみんなと参加できただけでも、すごい成長だと喜ばれました。A君は一人で走るかけっこより、みんなと一緒のダンスや体操が好きだったようですが、卒園して小学校ではリレーの選手となり、高校までは陸上部で頑張っていたと、お母さんが知らせてくださいました。

 「みんなちがって、みんないい」は金子みすゞさんの詩 『私と小鳥と鈴と』の一節です。どの子にもそれぞれの個性があるし、成長の度合いも違います。みんな違うのが当たり前です。いろんなことをみんなと一緒にしない、できないとなると 「なんでうちの子は・・・・・」と思い、悩みます。A君のお母さんは担任とよく話し合い、保育での様子も聞き、運動会でのようすを想定し、運動会当日も早めに卯辰山に行って、A君が雰囲気を受け止めるように配慮されました。大人(教師・親)の子への接し方・対応の仕方が変わると子どもの行動と心に変化をもたらします。その子らしさとして光り始めるのです。


 中京大学 鯨岡 峻先生の言葉を思い出します。

 【保育者に今の「ある」を肯定的に受け止めてもらえた子どもは、決して「今のまま」に止まっていません。受け止めてもらった喜びと自信の中で、自分の「こうしたい」「こうしてみたい」「やりたい」という思いが膨らみ、必ずそれを実施することへと自ら向かうようになります。つまり、子どもは今の「ある」をしっかり肯定してもらうと、不思議なことに、今の「ある」を自ら乗り越え、自ら「なる」に向かう芽が内側から芽吹いてくるのです.。】


 子ども自らが「こうしたい・やりたい・こうしてみたい」を見つけるように、運動会ごっこまだまだ続きます。

                                                        2016年9月16日   近藤瑠美子






・ バックナンバー1
・ バックナンバー2
・ バックナンバー3
・ バックナンバー4
・ バックナンバー5
・ バックナンバー6
・ バックナンバー7
・ バックナンバー8
・ バックナンバー9
・ バックナンバー10
・ バックナンバー11
・ バックナンバー12
・ バックナンバー13
・ バックナンバー14
・ バックナンバー15
・ バックナンバー16
・ バックナンバー17
・ バックナンバー18
・ バックナンバー19
・ バックナンバー20
・ バックナンバー21
・ バックナンバー22
・ バックナンバー23
・ バックナンバー24
・ バックナンバー25
・ バックナンバー26
・ バックナンバー27
・ バックナンバー28
・ バックナンバー29
・ バックナンバー30
・ バックナンバー31
・ バックナンバー32
・ バックナンバー33
・ バックナンバー34
・ バックナンバー35
・ バックナンバー36
・ バックナンバー37
・ バックナンバー38
・ バックナンバー39
・ バックナンバー40
・ バックナンバー41
・ バックナンバー42
・ バックナンバー43



TOP→ 

メール はこちらから→
園長のつぶやきブログ版 はこちらから→