日本列島が次々と梅雨入りし、北陸も蒸し暑く梅雨入り間近を感じます。ピンク色が鮮やかだったツツジに代わって花菖蒲、アジサイの紫が美しく感ずるようになりました。

梅雨の代表のようなアジサイの花は、植えられた土壌で花の色が違うことを、皆さんはご存知でしょうか。

酸性の土からは青みの強い花が咲き、アルカリ性の土からは紅色の花が咲くそうです。幼稚園には青い花と、紅色の花が咲いていますから、場所によって酸性とアルカリ性の土があるようです。私はアジサイの花を見ると子育てとにているなぁと思います。幼児教育は心を耕し、種をまき、将来美しい花を咲かすための土壌作りす。花の形が同じでも、土壌の良し悪しで咲く花が違ってしまうとなると、私たちは必死に土壌作りをするようになると思います。子どもたちの人生の土台になる幼児期に何が必要なのかと絶えず問い続ける必要があります。

 

 雨の日が増えて室内遊びが多くなり、空間が狭くなって他の子の遊びに気がつく時でもあります。そして、遊びながら少しずつお友だちの存在に気づいていきます。子どもたちの中に、2か月間同じクラスにいるにもかかわらず『知らないお友だち』がいることがあります。4月、5月は生活も遊びも自分のことで精一杯で気づいていないのかもしれません。あるいはお天気の日が多く、園庭に出ていたので空間が広がり出会う機会が少なかったのかもしれません。

 6月はいろいろな意味で「崩す」時期かもしれません。熱でお休みする子どもが続出するのもこの時期です。「がんばろう」と思ってスタートした新学期ですが、2ヶ月頑張れば疲れてしまうのも当然かもしれません。子どもは自然な形で肩に力が入っている状態を崩しています。「発熱」もその一つかもしれませんし、最近増えている「お腹が痛い」「頭が痛い」「○○ちゃんが意地悪する」など、登園を嫌がる子どもの姿もその一つです。幼稚園ではそのような表現をしっかり受け止め、肩の力を抜いてゆったりと過ごせるように心がけています。

 

幼稚園に通う3歳から6歳の時期は「子ども時代全体を通して、もっとも子どもらしいとき」であり、「最上の子ども時代」であると言われています。園庭のあちこちで子ども達が土をほじくりかえし、小さな昆虫や幼虫を探し出して遊んでいることがよくあります。一緒に遊んでいるはずなのに、平気で別のことを楽しそうにやっている、だけどそれでもみんなの中にとどまっている姿に、いったい何がそんなに面白くってあんなに一生懸命遊ぶのかと見入ってしまいます。形にこだわり、価値や意味にこだわりながら生きている大人には到底理解できない世界、それが子どもの遊びの世界、とりわけ「ごっこ遊び」の世界なのです。

 

「子どもは遊びの天才である。」とよく言われます。確かに思いもしないような物や、場所で遊んでいる姿に驚かされることがよくあります。しかし、子どもは遊びの天才だからたいしたものがなくてもと考えるのではなく、天才だからこそ豊かな環境を与えて、天才ぶりを発揮できるようにする必要があると思います。その豊かさとは、遊具いっぱいの公園や広場より、ただの空き地や狭い空間、土や泥や草や石など、子どもにとって自分の想像力を働かせる余地が残っているもの、自分の手で作り変えることができるといったものが必要です。

 

 私は孫と同居していますが、自分の子育てではこれ程バカ丸出しではなかったのにと思いながら、理性を失する行動をしています。孫の個性が見えるようになり、その動きの面白さに見入っています。出かけると孫の好きなものはないかと見ている自分にハッとしてしまうことがあります。乗り物が好きな孫の喜ぶ姿が嬉しくて、ついつい玩具を購入してしまいます。最初に購入したのが、電動式新幹線でした。6歳以上対象という文字が目に入りませんでしたから、当時、1歳の孫に遊び方が分かるはずもなく、すぐにお蔵入りとなりました。その次、ミニカーをいろいろと買い集め、北陸新幹線開通前に「かがやき」グッツを求め歩きました。北陸新幹線の玩具、シャツ、絵本、お弁当箱、はしセット、靴下・・・。気がつくと様々な物を与えていました。しかし、よく見ると孫は、次々と乗り物を手にしているのですが、愛着が残っているようではないようでした。その姿をみながら、幼児教育をこころざし40余年の私のプロ意識が完全に失われていることに気付かされました。「子どもを不幸にするのはいつでも何でも手に入れられるようにしてやること。」と言われているのに、私のやっていることは、可愛がっているつもりが不幸にしていることだと反省し、今は、孫が自分で片付けられる量のものしか与えず、時間があれば、我が子の子育ての時と同じように自然のなかで遊ぶように心がけています。いま一番のお気に入りは卯辰山の望湖台の坂や、階段です。

 

 馬場幼稚園でも森の幼稚園で菖蒲園、浅野川、卯辰山、奥卯辰山、芸術村、東山茶屋街、角間の里山、夕日寺自然公園などに出かけています。、どこも子どもたちの格好の遊び場です。飛び石、ジャリ道、心臓破りの坂、獣道、急階段、ロープ坂、おいもごろごろ坂など、子どもたちと歩くすべての道がスリル満点で冒険心を満喫してくれる場となっています。馬場幼稚園では目的地に到着することが最終目的ではなく、歩く途中で木登り、崖のぼり、草すべり、お花摘み、草笛ふき、松ぼっくりなげ、木の実探し、葉っぱ流し・・・。子どもたちはいろいろな発見を楽しみながら、知らず知らずのうちに身体を動かす事の楽しみを吸収していくことを願っています。森の幼稚園を通し、子どもたちの好奇心や想像力、体力が確実に育っていることを確信することが出来るようになりました。

 

 よく取り上げられている話題として「子どもの体力、運動能力の低下」があります。文部科学省の調査で、生涯にわたって活動するための基本的な動作が身についていない子が増えていると言うことが指摘されています。子どもの運動量の減少のために、顔面や手首の怪我の増加、疲労しやすい、ひいては低体温異常や生活習慣といった問題が生じていることが心配されています。毎日身体を動かしている子と、動かしていない子に二極化していることです。昔は運動場や空地で遊んでいたのが、最近は「スポーツ少年団」となり、スイミング、体操、サッカー、野球といったスポーツクラブで体験するようになりました。幼稚園業界でも特殊な能力をできるだけ早い時期に獲得させることが、子どもの将来に有益であると言う考えが広がっています。しかし、私は幼児期は快く楽しく身体を動かすことが、もっとも重要であると考えています。それは、特定のスポーツで技術の習得、勝ち負け、記録向上を目指した練習ではなく、様々な運動遊びをたっぷりすることができる環境にいることが、うまく身体を動かすようになると考えています。もちろん運動だけでなく、心とからだのバランスをしっかり持つことができるようにと願っています。

 これから、うっとうしい梅雨の季節となります。バランスのよい食事、十分な睡眠という生活習慣の自立を目指して、家族みんなの生活の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

 

 子どもたちは本当に敏感です。「こんなこと言ってもいいかな」「受け止めてくれるかな」ということを大人の雰囲気から感じ取っているし、あの先生はこんな風に望んでいるというのがわかって、子どもから先生に合わせたり,期待にそうようにしたりします。以前「○○先生は目でもおこっていないよ。」と子どもが言っているとお母さんから聞いたことがあります。大きな声で怒らなくっても、冷たくあしらう態度には、子どもたちはすごく敏感です。

 大人の関わりがどうであるかによって、本来のその子の姿が出せたり、出せなかったりするということがあるので、子どもを「分かる」大人として子どもに関わっていかなければならないのではないでしょうか。そのためには、自分で遊びとる、葛藤する、切り替えるなど、子どもが自分のペースで生活できるように待てる大人でありたいものです。

                                                                     2015年6月16日   近藤瑠美子









TOP→ 

メール はこちらから→
園長のつぶやきブログ版 はこちらから→