厳しい風雪に桜が枝を折り、花壇の球根も花を咲かせてくれるかと心配しておりましたが、
園庭の桜も少しずつ蕾を膨らませ、子どもたちの登園を心待ちしています。



 お子様のご入園、ご進級を心からお喜び申し上げます。

 「今日から緑バッチのゆり組。小さいお友達のお手伝いをするんだ」と張り切って登園してきた年長組の子どもたちは
この春休みで背丈も伸び、一周り大きく逞しいお兄さん、お姉さんになっていました。


すみれ組の子ども達は「黄色いバッチになったよ」と心を弾ませながらも、ちょっぴり緊張しているようです。

慣らし保育で少しずつ慣れてきたばら組、たんぽぽ組の子どもたちの中には「ママ!おうちに帰りた〜い」と泣きながらも
初めて出会う友だちに喜びと不安を感じているようです。


そして、玄関では子どもの泣き声に後ろ髪を引かれ、なかなか帰ることができないお母さんの
不安そうな姿が見られたり、新学期のドラマがあちこちで展開されています。




 幼児教育は、保護者の皆さんが育った時代と大きく変化しています。
それは教育される子どもの側に立って考えようという発想の転換が行われたからです。


昔は、『子どもたちは何も分からない。できない』という子ども観があり、『大人を発達の到達とし、成長が早いほどよい』という発達観でしたが
『子どもは知ろう、学ぼうとする鋭い感性を持ち、自ら発達しようとし、発達の試練をいくつも乗り越えて自分づくりをしていく』という発達観に変化したからです。



 今、馬場幼稚園では、先生たちが先回りをして、「このほうがいい」 「このほうが使いやすい」 と指示するのではなく
子どもと一緒に生活しながら、集団生活に必要なルールを丁寧に伝えていきたいと思っています。
「どの子どもも新しい環境への戸惑いを見せながらも、小さな身体の奥には限りない可能性が秘められていることを信じ
一人ひとりの『その子らしさ』を大切にしながら、育ちの援助していきたいと思います。



 一年の中のある時期がくると、子どもの生活がなんだかしっとりしてきたと感ずることがあります。
それは自然にしっとりするのではなく、保育者が子ども達に寄り添い、ある時は腰をかがめて身体ごと寄り添ってつくっていくものなのです。


保育者が「これは大切なもの」と思うものを子どもも「大切なもの」と思えるようになるし、子どもが「一大事!」といって知らせてくるとき
行ってみると、本当に大人から見ても「一大事」であることがあります。


片づけをすることも「ここって自分たちの大事なところ,自分たちの大事なもの」と思えるようになるまで
丁寧に接することが大切ではないかと思います。




 いま、大人の願いがどうしても、「かしこく」「はやく」「じょうずに」というふうになりやすい中で
子どもも本来の「自分らしさ」を出せないでいる子に出会うことがあります。


以前こんなことがありました。


   友だちとうまく遊ぶことができず、ひとりぽっちになった年長の女の子が

    「わたし、お母さんに抱っこしてもらったことあるかな〜。」と私に聞いたのです。


   「もちろんあるよ。Aちゃんのお母さん、Aちゃんのこと大好きだもの」と話すと

   「ほんとかな〜」と信じられないというような返事が返ってきました。

   そこで「Aちゃんのお家にママに抱っこしている写真あるから、みせてもらってごらん」と話しました。

   すると、Aちゃんは「写真じゃ、かんじがわからないもん」というのです。

   「なるほど」と思いながらも、内心びっくりしていまいました。


   Aちゃんは長女でお母さんとの信頼関係がつきはじめ、一方では嫉妬心も出はじめた頃、下に弟が生まれたのでした。
   早くから大人をみて、大人のように行動し、大人の期待に応えようとしていたAちゃんは、本当はお母さんに甘えたいのに 
   お姉さんらしく振る舞い、甘えの学習をしてこなかったための不安定さが、幼稚園では友達関係でトラブルとなって
   あらわれていることに気づかされたのでした。


 この時、私たちは本当に子どものよりどころになれる大人となっているか、安心できる親子関係をどのようにつくればいいのか
育とうとする子どもと育てようとする大人との関係はどのように結ばれるべきかと考えさせられました。





 今年度、馬場幼稚園は「あふれる愛 小さきものと共に」を年間主題としました。

目の前の子どものありのままを受けとめながら、子どもの内なる声を聞くために、保育者同士、保護者と保育者、保護者同士が
互いに信頼し、愛し合うことができる
温かい人間関係を作ることが、一番大切なことではないかと思います。

皆様のご理解とご協力を心からお願いいたします。





「愛する者たち、互に愛し合いましょう。」 

ヨハネの手紙一 4章7章




                                              2012.4.7 近藤瑠美子










TOP→ 

メール はこちらから→
園長のつぶやきブログ版 はこちらから→