厳しい寒さに園庭の桜も球根も花を咲かせるかと心配していましたが、春の陽気に桜は満開となり、木蓮、チューリップ、パンジーが一斉に花開き、甘い香りを漂わせました。しかし、急な冷え込みで子ども達の登園まで待たずに散り急ぎ、今は葉桜となっています


お子さまのご入園、ご進級を心からお喜び申し上げます。

進級の子どもたちは新しいクラス、先生、友だち、遊びに夢を膨らませ、新学期を迎えたことと思います。新入園の子どもたちは慣らし保育で幼稚園に少しずつ慣れてきましたが、お母さんとの別れに「ママ!おうちに帰りたい!」と涙する子もいると思います。また、子どもを送り出すお母さんも、「この子は幼稚園で大丈夫かな。友だちと遊べるかな。困った時に先生に言えるかな。ケンカしないかな。トイレにいけるかな。」と、不安がいっぱいで、後ろ髪を引かれる思いで、子どもとの別れの時間を過ごされているように思います。
子どもたちが幼稚園の保育室に入り、遊ぶのは“あたりまえ”だと思われている方も少なくないと思いますが、保育室が“楽しい”と思え、自分を安心させ、表現することができるようになるためには、しばらく時間が必要です。子どもたちが“幼稚園は楽しい”と思えるように、私たち保育者は環境にいろいろな工夫をしています。
 “そして、幼稚園が楽しい”と思える頃に、子どもたちは友だちと出会い、自分に出会いながら、さまざまなトラブルや葛藤を経験すると思います。そんな時、保育室以外の小さな空間が、限りなく安定できる場所となっています。

保育の先駆者である倉橋惣三先生は『教えない教育』という論文を書かれていますが、その中に次のように述べておられます。
【教育の中には教える教育、間接に教える教育、教えない教育がある。その三つ目の教育とは、子どもが知らず知らずに習慣づけられる教育だ】
三つ目の教育は一般に言われるしつけのことであると思いますが、幼児期は一人ひとりがその子らしく生活や遊びの中で経験して学んでいくときであると思います。

キリスト教保育は子どもたちの心が豊かに育つことを願い、『愛し合う経験』 『感謝の気持ちを持つ経験』 『自分のこと、他の人のことを神さまにお話しする経験(お祈りする経験)』 『チャレンジする経験』 『礼拝が好きであるという経験』などを大切にしていきたいと思います。
 
そして、子どもたちの存在がまず大切にされ、保護者と保育者と地域社会とがつながり、キリスト教保育がより豊かに継承することを願っていきたいと思います。

  今年度の年間主題

 『イエスさまとともに生きる〜愛の交わりの中で〜』


主題聖句
 『愛する者たち、神がこのようにわたしたちを愛されたのですから、 わたしたちも 互いに愛し合うべきです』
                                                 ヨハネの手紙T 4章11節

私たちの保育の業は、目に見えるもの、すぐに答えのでるもの、個人の成功や勝ち負けの結果を追い求めるものでもありません。
子どもたちとともに『自分だけ』から『友達と一緒』と祈り、日々の保育の中で加美様が与えてくださった命と賜物を守り育てていきたいと思います。
 




・ バックナンバー1
・ バックナンバー2
・ バックナンバー3
・ バックナンバー4
・ バックナンバー5
・ バックナンバー6
・ バックナンバー7
・ バックナンバー8
・ バックナンバー9
・ バックナンバー10
・ バックナンバー11
・ バックナンバー12
・ バックナンバー13
・ バックナンバー14
・ バックナンバー15
・ バックナンバー16
・ バックナンバー17
・ バックナンバー18
・ バックナンバー19
・ バックナンバー20
・ バックナンバー21
・ バックナンバー22
・ バックナンバー23
・ バックナンバー24
・ バックナンバー25
・ バックナンバー26
・ バックナンバー27
・ バックナンバー28
・ バックナンバー29
・ バックナンバー30
・ バックナンバー31
・ バックナンバー32
・ バックナンバー33
・ バックナンバー34
・ バックナンバー35
・ バックナンバー36
・ バックナンバー37
・ バックナンバー38
・ バックナンバー39
・ バックナンバー40
・ バックナンバー41
・ バックナンバー42
・ バックナンバー43
・ バックナンバー44
・ バックナンバー45
・ バックナンバー46
・ バックナンバー47
・ バックナンバー48
・ バックナンバー49



TOP→ 

メール はこちらから→
園長のつぶやきブログ版 はこちらから→